下町の飛び魚

S U B M A R I N E   m o n o c h r o m e
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
夏への扉
最近、チャールズワースはしきりに私に扉を開けさせる。
きっと夏への扉を探しているのだろう。
| 猫と私 | 20:11 | comments(9) | trackbacks(134)
あつい
若貴の話のあとはロンドンのテロで、
そのあとはミヤコ蝶々の遺産相続問題とワイドショーはめまぐるしい。
東京は久しぶりによく晴れた。暑い。家にはクーラーはない。

チャールズワースのいつもの路地裏で昼寝をしている。
腕を時々なめている。

ちょっと近づいたら怒られた。
はいはい、どうせもっと涼しいところにいってきますからね。
そういう時、チャールズワースはニャーともスンともいわない。
暑い暑い、夏のはじまりの日。
| 猫と私 | 18:44 | comments(2) | trackbacks(1)
ほおずき
ほおずき市に行く。
すごい人だ。押しつぶされそうになる。
赤く大きなほうずきが並ぶさまは、まるでバザールのよう。
とてもいい雰囲気だと思う。

ほおずきを一鉢買って帰った。

軒先においておくと、チャールズワースが
ほおずきの鉢を不思議そうに覗き込んでいた。
猫とほおずきはいまいちあわないような気がした。
| 猫と私 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
なんかきたよ。
stelaroさんのサイトから
ミュージックバトンとかいうのが来たので
答えてみる。でも他につながらない罠。

Q1:PCに入ってる音楽ファイルの容量

  調べてみましたが入ってないようです。
  入れたはずなんだけどなあ。
  
Q2:今聴いてる曲

  特にないです。強いて言えばYMOの『君に、胸キュン』でしょうか。

 Q3:一番最近買ったCD

  覚えてません。3年くらい買ってないです。

 Q4:よく聴く、または自分にとって大きな意味のある5曲

  飯田線のバラード(やまもとまさゆき)
  Wi Qui Non Coin(菅野よう子)
  中国女(YMO)
    
  ああ音楽のない生活をしているなあ。

 Q5は割愛。どうにもならん。

そんなこんな。
猫とは関係ない話。
だって火星の上の猫だもの。
えへ。
| 猫と私 | 23:38 | comments(6) | trackbacks(0)
ああもう
どうしてこうなるのか。

また気づけば更新が止まってしまい。


どうしてこうなるのか。


見るたびに太っていくねといろいろな人に言われて
これはいけないと一念発起して近くのプールへ。
1時間ほど泳いでみる。
意外と泳ぎがぎこちなくなることはなかったのもの
陸にあがってみると体が重くて脱力。
一日ぐったり。

どうしてこうなるのか。

夜にデータの入力をしようしようと思って
結局目標の半分くらいでやめてしまう。

どうしてこうなるのかなあ。


そういう近況。
チャールズワースは路地裏で昼寝をしています。
たまにおなかが熱くなっているみたい。
| 猫と私 | 17:10 | comments(1) | trackbacks(0)
いただきものですが
チャールズワースはいつもそっけない。

チャールズワース。
| 猫と私 | 10:23 | comments(2) | trackbacks(1)
ありがちな失敗
カップやきそばを作ろうと思ったら
湯を切った後、かやくを入れ忘れたことに気がついた。
残された乾燥キャベツとひき肉の袋。
私はしばし呆然とした後、あきらめて乾いたキャベツを
カップの中に放り込んだ。

ソースを混ぜると、
乾いたキャベツがゴリゴリと軽やかな音を立てた。
硬い食感のキャベツは別にまずくはないが、
少々のどに引っかかるみたいだ。

やはり、きちんと作られたカップやきそばのほうがいいなと思った。


えへん、えへん。


まあ、よくあることだ。
| 猫と私 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0)
遠くでブラバンがアップな枯葉を練習している
トイレ
本棚

タンス
イス
花壇
玄関の柱
タンス
シーツの下
台所

イス
タンス
トイレ
タンス
タンス
タンス

チャールズワースはタンスが好きだ。
| 猫と私 | 17:46 | comments(6) | trackbacks(0)
ようこそココア
意味はない。ただ思いついただけ。

お客が来たので、玄米茶を飲んでいる。
ティーバッグの2煎目で、かなり薄い。
お客に出したお茶は、飲まれずにそのまま。

これはどういう意味だろうと考える。
毒入りとでも思われただろうか。

チャールズワース、お前、飲むか?

ああ、甘ったるいココアがのみたい。
| 猫と私 | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0)
月とメロン
月とメロンが出てこないから、
この記事には「月とメロン」というタイトルがついています。

なんて、どこかの作家がやっていたことを思い出した。
でも絶対に「月とメロン」じゃないことは確か。
「月とメロン」。何だか語呂がいいなあと思ったら
それは「花とアリス」じゃないの。
傍から見れば何のつながりもないけれど
自分の中ではなんとなくつながっているのです。

そう、なんとなく。
響きが。

意味はなんだろう。

向こうで、チャールズワースが
メロンパンから鼻をそむけているのが見えた。
| 猫と私 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
下町の飛び魚 「猫と私」
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
ハリー・ポッターと賢者の石 (1) (JUGEMレビュー »)
J.K. ローリング, J.K. Rowling, 松岡 佑子
RECOMMEND
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE